オシャレなお部屋を構成する要素についてオシャレ算数に基づき触れた生活情報サイト

>

オシャレ算数を踏まえた家具・インテリアの選び方

オシャレとオシャレなお部屋

オシャレなお部屋と一口に言っても、様々な部屋がオシャレなお部屋とされているため、趣味や嗜好の延長線上にあるものに過ぎないのではないかとお疑いかも知れませんが、実はオシャレというものにもきちんと定義づけがなされ、シンプルさの追求や流行を追求することがオシャレの基本的な定義で、オシャレの代表格とも言える服飾分野で言えば、シンプルさを追求するなら日常感、流行を追求するなら非日常感が重要であり、服飾におけるシンプルさと流行は、それぞれに日常感を足し引きすることで成立していると言い換えても良いでしょう。

ちなみに、お部屋のオシャレさの場合、生活感が要となり、生活感を足し引きすることによって、オシャレを演出するものとお考えください。

オシャレなお部屋はオシャレ算数で演出

つまるところ、オシャレなお部屋とは生活感を生かすか生活感を消してしまうかすることで、お部屋の方向性を定めており、生活感を生かすのであれば、生活感を強調しなければなりませんし、生活感を消すのなら、生活感を感じにくくなるように工夫しなければなりません。

やや、わかりにくいかも知れませんが、オシャレの本質は至ってシンプルで、四則算のうちの足し引き算にあるため、算数の初歩中の初歩さえ押さえておけば問題なく理解可能であり、お部屋のオシャレに関して言えば、お部屋の生活感を足し引きすることによって、演出するのが基本となるわけです。

このオシャレの基本となる足し引き算は、オシャレ算数と呼称されており、分野ごとに何を足し引きするかの違いこそあれ、足し引き算によってオシャレを演出するという点においては共通しています。


この記事をシェアする